So-net無料ブログ作成
本 「柴田よしき」 ブログトップ
前の5件 | -

月神(ダイアナ)の浅き夢  柴田 よしき (著) [本 「柴田よしき」]

月神(ダイアナ)の浅き夢  柴田 よしき (著)

女刑事緑子シリーズ第3弾。
ぶつぶつ文句を言いながら3作目も読んでます(笑)

柴田さんの本はこれまでに何冊か読んでいるが作者については本当に謎。
初めて読んだ「小袖日記」は痛快の話ではまった。
他の本も読んでみたいと思い友人に何冊か借りてみたが、どれもこれも違う人が書いたみたい。
不思議な作家さんだなぁと今回も思いながら読みました。

若い独身美男子の刑事だけを狙った連続猟奇殺人事件が発生。
残虐にも手足、性器を切り取られ木に吊るされた刑事たち。
犯人は誰か・・・?被害者の共通点は? 

事件をひたむきに追う緑子は過去の事件にたどりつく。
そもそも事件の発端はその事件に関係があった。

残忍で顔をしかめてしまう箇所多々あり。
緑子という女性は今回も理解できないが(笑)それなりに興味深い内容でした。

51WHVG1ZSSL__SL500_AA300_.jpg

聖母(マドンナ)の深き淵  柴田 よしき (著) [本 「柴田よしき」]

聖母(マドンナ)の深き淵  柴田 よしき (著)

女刑事緑子シリーズ2弾。
1弾をブツブツと文句を言いながら読んだくせに懲りずに2弾目(笑)

前作で妊娠して、出産し下町の所轄配属となり戻ってきた緑子。

性同一性障害の男性から親友の失踪について相談される。
そんな時、緑子は四年前に起きた未解決の乳児誘拐事件の話をきく。
さらに所轄の廃工場からは主婦の惨殺死体が見つかる。
保母失踪、乳児誘拐、主婦惨殺。

互いに関連性ないと思えた事件が見えない事件たちと次々と繋がってく。

「緑子シリーズ」の外伝の「麻生探偵シリーズ」を読みたいと思ったので緑子シリーズを全部(3冊)読んでみようと思ったのだが・・・。
どうしてもこの主人公に共感できない。
前作品よりも読み応えはあったけど主人公に対しての嫌悪感を抱いて読んでいるのでどうしても本の中に入り込めない。

相変わらずこんな刑事いるのか!というよりこんな女いないぞ!という気持ち満載の本でした(笑)

51CXAVWHYSL__SL500_AA300_.jpg

RIKO―女神(ヴィーナス)の永遠  柴田 よしき [本 「柴田よしき」]

RIKO―女神(ヴィーナス)の永遠  柴田 よしき

柴田氏のデビュー作であり代表作でもあるらしい。

女刑事緑子シリーズ。
女刑事だとどうしても音道貴子と比較しちゃう。

警察という男性社会で女であることを主張し放埒に生きる緑子。
ここが音道と違うところ。
私的には音道と違って全く共感できない。

緑子の職場は新宿署。
鮫島と同じ(笑)
もちろん鮫島とは仕事のやり方も考え方も全く違うけど。
一緒に仕事させたら面白いかも(笑)

誉田氏の書く女刑事や今回の緑子刑事のような女性に私は嫌悪を感じる。
男性社会で強く生きていくにはストレス発散も必要と言ってバイセクシャルの同姓の同僚と楽しんだり上司や同僚や後輩をとっかえひっかえするって・・・。
しかも最後は妊娠までしちゃうし(笑)
いやいやいや~いないでしょう普通・・・そんな放埓な女。

事件よりも男性社会で強く生きている女性がテーマのような作品。
男性と対等に生きたいという思いは共感できるがそれ以外は全く共感できない。
強く生きたいと思う彼女はその思いが強すぎて稚拙すぎるというか・・・。
私には嫌悪感タップリの作品でした(笑)

シリーズ続編(これはすでに友人から借りているので・・・)とシリーズ外伝もあるようなので気が向いたら読んでみることにしよう。
文句言いながら結局読んでしまうのだろうなぁ(笑)

51nrAeslN3L__SL500_AA300_.jpg

回転木馬  柴田 よしき (著) [本 「柴田よしき」]

回転木馬  柴田 よしき (著)

観覧車の続編です。
前作ではあともう少しというところまで追いつけた。

失踪理由は少しだけ想像していた通りでした。
半ば強引だなと感じるところもありましたが・・・。

主人公のお人よしに若干イラッとしながらそれでも私ならどうするのか?
結構残酷で切ないお話でした。

31855020.jpg

観覧車 柴田 よしき (著) [本 「柴田よしき」]

観覧車 柴田 よしき (著)

失踪した夫を待ち続け夫が経営していた探偵事務所を引き継ぐ主人公の下沢唯。

あれ?そういえば先日読んだ柴田よしきの本も探偵の話だったような・・・。
作者はひょっとして探偵好き?

短編集でひとつひとつ事件は解決するが基本的なものは続いている。
何故夫はは失踪したのか?夫は生きているのか?唯から逃げているのか?
謎が膨らむ中事件は解決方向へ・・・。
どうやら続編が出ているみたいです。
先が気になります。

31539871.jpg

前の5件 | - 本 「柴田よしき」 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。