So-net無料ブログ作成

クライマーズ・ハイ 横山 秀夫 (著) [本 「横山秀夫」]

クライマーズ・ハイ 横山 秀夫 (著)

これも確か、映画化されたはずですね。

1985年、御巣鷹山の日航機事故。

17年前に起きた事故を回想シーンで構成。

地元、北関東新聞の悠木記者は同僚の安西と谷川岳衝立岩に登る予定だったが、御巣鷹山の日航機墜落事故発生で約束を果たせなくなる。
一方、1人で山に向かったはずの安西は、なぜか歓楽街でクモ膜下出血で倒れ、病院でも意識は戻らぬまま。

未曾有の大事故の中、全権デスクとなった悠木は上司と後輩記者の間で翻弄されながら、安西が何をしていたのかを調べ、知ることとなるのだが。

17年という歳月を経て悠木は当時探していた答えを見つけようとする。
そして安西が伝えたかったことを探し安西の息子と衝立岩に登る。

悠木と息子のぎこちない関係や職場でのトラブル。
うまく取り入れていてすべてが中途半端になることがない。
終盤の安西の息子との衝立岩のシーンは感動して鳥肌が立つほど。

実際に事故を取材した記者時代の体験がある著者だからこそ生まれた作品なのだろう。

「記録でも記憶でもないものを書くために18年の歳月が必要だった。」と語っているそうです。

41jTZpHvo-L__AA278_PIkin4,BottomRight,-42,22_AA300_SH20_OU09_.jpg

nice!(29)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 29

コメント 4

よーちゃん

あ、これもかなり前に読んだ記憶が~!
でももうほとんど覚えてないけど(^_^;)
by よーちゃん (2013-05-31 07:10) 

nicolas

「記録でも記憶でもないもの」って、
深いですよね・・・。

by nicolas (2013-06-06 23:02) 

173

今更なんですけど~やっと「生存者ゼロ」読み始めました。なかなかゆっくり読む時間がなくて、こまぎれになってしまいますが、面白いですよ。
カタブツのおっさんとか好きなので(^^)。


by 173 (2013-06-14 17:31) 

のりたま

皆様、お返事が大変遅くなりまして失礼いたしました。

よーちゃんさん
とてもいい本でした。
彼の本は本当に隙がないと思います・・・。

nicolasさん
本当に考え深いです。
巻末を読んでさらにジンときました。

173さん
「生存者・・・」読んでいただけましたか?!
大量の蟻にはゾクッときて参りましたが・・・
私も面白く読めました。
主人公のおっさんがカタブツだけど(笑)
by のりたま (2013-06-26 17:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。