So-net無料ブログ作成

ルーズヴェルト・ゲーム  池井戸 潤 (著) [本 「池井戸潤」]

ルーズヴェルト・ゲーム  池井戸 潤 (著)

「下町ロケット」がすごく良かったので他の本も読んでみようと思いました。

「一番おもしろい試合は、8対7だ」野球を愛したルーズヴェルト大統領はそう語った。
8対7の試合をルーズヴェルト・ゲームというみたいですね。

中堅メーカー「青島製作所」の野球部はかつては名門と呼ばれたが、ここのところすっかり成績低迷中。
不景気で野球部廃部の危機に追い込まれた青島製作所の野球部契約社員。
会社の経営危機と野球部存続危機。
両者に絡むライバル会社のミツワ電気。

そんなミツワ電気から合併の提案がくる。
しかし彼らの狙いは青島製作所の開発力と技術力だった。

合併をして生き残りの道を選ぶのか。
青島製作所と野球部はこの難局をどう乗り切るのか?

やっぱり池井戸氏は裏切りません。
本当にいい本でした。
最後もしびれる終わり方で感動の余韻が残る作品でした。

51ZIshwI-zL__SL500_AA300_.jpg

nice!(32)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 32

コメント 2

よーちゃん

私も下町ロケットの影響で、オレたちバブル入行組を読みました。
こちらもナイスでしたよ~(^_^)
by よーちゃん (2013-05-28 08:24) 

のりたま

よーちゃんさん
オレたちバブルシリーズも面白いみたいですね。
もうシリーズ3作になるみたいですね。
図書館で予約中です。
早く読みたいです。

by のりたま (2013-05-28 12:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。